公益財団法人 武田太加志記念能楽振興財団

武田太加志記念能楽振興財団

第55回 花影会


第55回 花影会

毎年、春の「花影会」では「翁附」の上演をしています。翁、脇能(今回は「鶴亀」)、脇狂言(今回は「夷大黒」)を一式とし、敢えて休憩なしで行い、翁から続く見どころ満載の一式で、例年開催は僅かで稀少な「翁附」をたっぷりとお楽しみいただけます。
 
また、もう一番の能は、春の名曲「隅田川」を、近年の上演傾向としては珍しく、敢えて子方なしの形式で行います。
 
二十六世観世宗家のご嫡男・観世三郎太様に風雅な「忠度」の舞囃子をお願い申し上げ、山本東次郎氏には珍しい脇狂言の「夷大黒」を上演していただきます。能のシテの岡久広と武田志房は従兄弟関係にあり、75歳になる久広氏は、翁と鶴亀のシテの双方を勤める大役で、82歳になる志房は、令和2年秋の「卒都婆小町」以来、3年半ぶりに本会にてシテを勤めます。
 
長きにわたり、私ども花影会を支えてくださった観世御宗家をはじめとして、御縁の深い能楽師の方々にご参集いただき、和やかな春の一日をご堪能いただける番組となりました。発会から45年を迎える本会の節目をお楽しみいただけましたら幸いです。
 
 

日  時 令和6年 4月21日(日)13時開演(12時開場)
 
会  場 二十五世観世左近記念 観世能楽堂
      東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX 地下3階
      http://kanze.net/publics/index/267/
 
チケット *賛助会員様はこちら
      *サポートメンバー様、一般のお客様はこちら

 
 
◆公演当日、お客様に差し上げるパンフレットの解説です◆
*本データの一部抜粋、転載、転用、印刷は、固くお断り申し上げます。

 

 

 

 
PDFはこちら
 
 
kaeikai55_flyer_omote
 
kaeikai55_flyer_ura
 
PDFはこちら